So-net無料ブログ作成
検索選択
軍師官兵衛 ブログトップ

軍師官兵衛 感想 あらすじ 5話「死闘の果て」 中川翔子(しょこたん)がノーメイクで出演!? [軍師官兵衛]

スポンサーリンク






軍師官兵衛 感想 あらすじ 5話「死闘の果て」中川翔子(しょこたん)がノーメイクで出演!?




軍師官兵衛 5話「死闘の果て」
2014年2月2日(日) 20時00分~20時45分





光(てる)が黒田家に嫁ぎ、騒ぎのあった4話実に良かったですね。
そんなに官兵衛のこと嫌いにならなくてもいいのにって感じです。




さて
5話のあらすじです。



家督を継いだ官兵衛(岡田准一)と、光(中谷美紀)との間に、
嫡男・松寿丸(のちの黒田長政)が生まれた。



武兵衛(永井大)も侍女・お国(中川翔子)と恋仲になり、
黒田家には穏やかな時が流れていた。信長(江口洋介)は
足利義昭(吹越満)とともに上洛を果たし、藤吉郎(竹中直人)は天才軍師・竹中半兵衛(谷原章介)を陣営に引き入れる。





そんな中、黒田の宿敵・赤松政秀(団時朗)が大軍を率いて姫路を襲う!



こんな内容です。

スポンサーリンク









ついにおたつの敵をとる時がきたのですね。
念願の戦いに官兵衛はどう立ち回るのか??


見物ですね。
さらに余談ですが、嫡男・松寿丸(のちの黒田長政)ってご存知ですか??


実はこの人あの関ヶ原の合戦で小早川秀秋を
徳川軍につけた張本人なんですな。



つまりこの人がいなかったら関ヶ原は西軍が勝利していたのかも知れませんね。




さらにさらにこの5話から中川翔子さんが登場します。



07d5e55f-9deb-4fe0-b022-ac88b9c08f49_s.jpg






なんとこのしょこたんノーメイクでの出演だそうです。
しょこたん曰く「私って気づくか心配」だそう。



武兵衛(永井大)の妻、お国(中川翔子)役なので注目したいです。




軍師官兵衛 感想 あらすじ 5話「死闘の果て」 中川翔子(しょこたん)がノーメイクで出演!?




スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

軍師官兵衛 感想 あらすじ 4話「新しき門出」 [軍師官兵衛]

スポンサーリンク






軍師官兵衛 感想 あらすじ 4話「新しき門出」





軍師官兵衛 4話「新しき門出」
2014年1月26日(日) 20時00分~20時45分




Unknown-1.jpeg



今回のタイトルは「新しき門出」ということで
官兵衛に一つの転機が訪れます。



あらすじになりますが、
官兵衛(岡田准一)の主君、政職(片岡鶴太郎)が正室
お紺(高岡早紀)との間に生まれた嫡男斉(いつき)の将来を
考え始める。




そこで政職は外様の職隆(柴田恭平)ではなく、
子飼いの優秀な家臣官兵衛を重用するため
力(酒井若菜)と政略結婚させようとする。



しかし官兵衛が先に出会ったのは妹の光てる(中谷美紀)だった。




さあ主君の言い渡しをどう官兵衛がうちくずすのか
注目ですね。



そして
政職が危険視している職隆の足利家との
やりとりも見物です。





軍師官兵衛 4話「新しき門出」は
1月26日20時放送です。




そして感想ですが、放送終了しだい追記します。


でわ。





軍師官兵衛 感想 あらすじ 4話「新しき門出」



スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

軍師官兵衛 光(てる)中谷美紀の演技に注目 渡部篤郎との関係は?? [軍師官兵衛]

スポンサーリンク






軍師官兵衛 光(てる)中谷美紀の演技に注目 渡部篤郎との関係は??




軍師官兵衛 第4話が1月26日に放送しますね。
今回のタイトルは「新しき門出」ということで
ついに官兵衛に嫁が来ますね。





その嫁というのが光(てる)です。
中谷美紀さんが演じています。




黒田光(てる)

播磨国加古川の志方城主・櫛橋伊定(くしはしこれさだ、櫛橋左京亮伊定、櫛橋豊後守伊定)の娘で、1553年に誕生します。



官兵衛が黒田家の家督を継ぎ、小寺政職の養女となった光(てる)は
黒田官兵衛の正室となりますね。



Unknown-1.jpeg




そしてこの光(てる)役を演じている中谷美紀さんは
前々から渡部篤郎さんとの交際報道が報じられていますね。


Unknown-2.jpeg


中谷美紀さんと渡部篤郎さんの交際が発覚したのは
2003年です。



もう10年以上も前のことですね。


2005年に渡部さんとRIKACOさんの離婚が成立。
中谷さんの完全な略奪愛という形になりました。



その後の関係はどうなのか??
ふたりは今同じ事務所に属していますが、
交際は否定されていますね。




さあ
光(てる)を演じる中谷美紀さんは
この意思が強そうな女性をどんな感じで演じてみせるのでしょう。



非常に楽しみですね。








軍師官兵衛 光(てる)中谷美紀の演技に注目 渡部篤郎との関係は??




スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

軍師官兵衛 感想 第2話 [軍師官兵衛]

スポンサーリンク






軍師官兵衛 感想 第2話





大河ドラマの軍師官兵衛の第2話「忘れえぬ初恋」の感想です。

あらすじとしてはこんな感じでした。

永禄4年元服した黒田官兵衛は父が仕える城主小寺政職(まさもと・片岡鶴太郎)の初陣の時を迎えた。敵の陽動作戦を見抜いた官兵衛は、絶体絶命の左京進(金子ノブアキ)を救うが、逆恨みされてしまう。同じころ、宿敵・赤松家への対抗策として、黒田家に政略結婚の話が持ち上り、官兵衛の幼なじみ・おたつ(南沢奈央)が花嫁に選ばれる。お互い憎からず思いながら引き裂かれてしまう官兵衛とおたつ。


官兵衛がすべてを知ったのは、おたつが職隆の養女となり、浦上家に嫁ぐ事が決まってからだった。

おたつは、姫路城からほど近い広峰明神に仕える御師(おし)伊吹善右衛門(尾藤イサオ)の娘で、
官兵衛より少し年長ではあったが、子供の頃よりなにくれとなく官兵衛の世話をよく焼いて、
幼心にも互いに、淡い恋愛感情を抱き成長してきた間柄である。




言葉に出せない思いを飲み込んで別れる二人。




明けて永禄7年(1564年)1月11日、姫路城から室津城へと出立するおたつの花嫁行列を見送ると、
屋敷へ戻った官兵衛は、虚しさに沈み込んでいた。と、そこへ心臓が凍りつくような一報。
赤松家が挙兵し室津城へ向かったという知らせが届く。





祝言の最中を狙っての浦上家襲撃を図る赤松の動きを悟った官兵衛は、急ぎ室津城へ馬を走らせてるのであった。






第2話感想


今回の注目ポイントとしては官兵衛の初陣シーンではないでしょうか。
味方のピンチを救う官兵衛が忠実に再現されていてみてて面白かったのですが、



ただ、敵味方の区別が全然分からなかったですね。



そこが残念です。


ただ、画像が荒いとか、風景が汚いとかそんな苦情があった前々回の
「平清盛」よりは全然マシです。あの作品はその苦情があっただけで
視聴率もぐっと下がってしまいましたから、、、



第3話は「命の使い道」です。

おたつとの悲しい別れが描かれます。

次回も楽しみです。










スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
軍師官兵衛 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。