So-net無料ブログ作成
検索選択
仕事納め ブログトップ

仕事納めの挨拶 ポイントと挨拶例 [仕事納め]

スポンサーリンク






仕事納めの挨拶 ポイントと挨拶例




仕事納めの挨拶ってなんか困ってしまいますよね??
特に管理職の方は今年最後の締めの挨拶なので
適当な事はいえません。




年末年始は、忘年会や仕事納め、仕事元、新年会など、
行事がたくさんあって
なんだか、仕事納めの挨拶ってその1年分の挨拶をするような気分ですね。







年末年始は、忘年会や仕事納め、仕事始め、新年会など
行事がたくさんあって、まるで一年分の挨拶をする感じです(笑)




そこで仕事納めの挨拶をしないといけない方に
アドバイスです。





管理職の仕事納めの挨拶のポイントは、
今年1年を振り返り 社員の働きを労い、 来年の頑張りへとつなぐ。






これだけでオッケーです。






例え、業績が悪かったとしても仕事納めの挨拶で
おsの結果を追求するようなことをしてはいけません。






そこで
仕事納めの挨拶例




いよいよ、本日仕事納めになりました。
皆さんこの1年本当にお疲れ様です。




この1年、厳しい状況下の中、
皆様の尽力のおかげで順調に売上を確保することが出来ました。



心よりお礼申し上げます。



年明けからもさい先の良いスタートをきって
充実した1年にしましょう。



そのためには、十分な休養をとってしっかりと疲れを癒してください。



では皆さん、
よいお年を!!!






こんな感じでしょうか??
どうです?




特に気をつけるべき点は
みんなの顔をみながら
気持ちを込めることです。





もちろん
だらだらと長い話は禁物ですよ。





しっかりと
社員の事を思って
その社員が自分の中で今年1年を振り返り社員自身に
しっかりと気持ちの切り換えができるような話を心がけましょう。




それでは社員の皆様。
管理職の皆様。
経営者の皆様。





今年1年お疲れさまでした。
それでは皆様よいお年を!



スポンサーリンク




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
仕事納め ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。