So-net無料ブログ作成
風の谷のナウシカ ブログトップ

風の谷のナウシカ 都市伝説が存在した!? [風の谷のナウシカ]

スポンサーリンク






風の谷のナウシカ 都市伝説が存在した!?






2013年12月27日の金曜ロードショーで「風の谷のナウシカ」が放送されます。
毎年恒例の年末ジブリ映画放送ですね。












その風の谷のナウシカと言えばスタジオジブリで宮崎監督と高畑監督が
タッグを組みジブリの初期を支えた重要な作品です。



2013年12月27日に金曜ロードショーで「風の谷のナウシカ」が放送されますね。
「風の谷のナウシカ」といえばスタジオジブリの初期を支えた重要な作品です。




皆さんはそんな風の谷のナウシカには都市伝説があるというのをご存知でしょうか??



ちなみに風の谷のナウシカ裏設定に関してはこちらをご覧下さい。

こちら




風の谷のナウシカでは都市伝説があります。
それはどんな都市伝説なのかというと



風の谷のナウシカ 都市伝説




風の谷のナウシカは実は火星を舞台にしている




そう!!
実は火星がナウシカたちがいる場所だったのです。




その理由はたくさんあります。
ちょっと整理してみましょう。




理由その①


風使いという風に乗る行為。



風の谷のナウシカは巨神兵による「火の七日間」で崩壊してしまった後の世界を描いた
作品です。


火星は竜巻や強風など風が吹き荒れていてしかも重力は地球の3分の1しかありません。

たとえナウシカが風をうまく操れても、長い間、風を動力として(エンジンもあるみたいですが)
メーヴェを操るにも限界がありそうです。



ただ、そこが地球ではなくて火星の状況下であれば話は別です。
重力も気にせずに長い間空中を飛び回ることができそうですね。





理由その②

高度からの落下でも助かるシーン




みなさん覚えていますか??
クシャナとともに腐海に踏み込みましたね。



その時ベジテの少年が蟲たちを攻撃し、
その少年と一緒にナウシカは上空から落下しました。




その結果、、、、、、、


無傷です。





このことも理由になります。
すべて火星ということでたとえ高度な上空から落ちたとしても
地球よりは致死率は低そうですね。




理由その③

錆とセラミックに覆われた世界



文字通りですね。
火星の赤い部分は鉄で出来ているため、
あんな色をしているのです。




理由その④

風が吹き続ける風の谷


火星であれば風がやまない土地があってもおかしくはありません。




あとは、
飛行機が攻撃を受けて墜落するシーンがけっこうみられますよね。
あれも墜落するにしては落ちるスピードが遅くみられます。




なので風の谷のナウシカとは何千年、何万年後の人類が
火星に移住した未来人の話なのです。




これが
風の谷のナウシカの都市伝説です。



どうですか???


たしかに、
と思う場面とかもあると思いませんか??





12月27日の風の谷のナウシカもこの情報があれば
もっと楽しめそうですね。



でわ。


金曜ロードショー風の谷のナウシカは21時放送です。



以上
風の谷のナウシカ 都市伝説は存在した!?
の記事でした。





スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

風の谷のナウシカ 裏設定が存在した!? その後のストーリーとは?? [風の谷のナウシカ]

スポンサーリンク






風の谷のナウシカ 裏設定が存在した!? その後のストーリーとは??




2013年12月27日に金曜ロードショーで「風の谷のナウシカ」が放送されますね。
「風の谷のナウシカ」といえばスタジオジブリの初期を支えた重要な作品です。



実はそんな「風の谷のナウシカ」には裏設定があるという噂があります。
そして今回はその風の谷のナウシカの裏設定とその後のストーリーについて公開します。



その前に風の谷のナウシカとはどんなストーリなのでしょう。



風の谷のナウシカストーリー



産業文明が滅んでから約1000年。地上は有毒な「瘴気」を発生させる「腐海」と呼ばれる森に
覆われました。


生き残った僅かな人々は土地を巡って熾烈な争いを繰り広げていた。



「腐海」に面した小国「風の谷」のナウシカは病に倒れた族長・ジルの代わりのリーダーとして国をおさめることに。



幼い頃から「腐海」を守る巨大な蟲たちと心を通わせ、風をあやつる不思議な力を持つ彼女は
谷の人々から一目置かれる存在でした。




ナウシカの師・ユパが風の谷を訪れた夜。蟲に襲われた巨大船が谷に墜落します。大国トルメキアのその船は工房都市ベジテから略奪した荷物を輸送する途中でした。



生存者の救出作業に向かったナウシカは捕虜として乗せられていたベジテの少女・ラステルから積み荷を燃やすよう言い残されるのだが、そこで焼け跡から伝説に伝えられる世界大戦「火の7日間」で使用された巨人型兵器「巨神兵」が発見される。




その直後、トルメキアの軍隊が風の谷に到着し、ナウシカはその軍隊に戦いを挑むが、結局トルメキアの皇女・クシャナに命じられるがまま人質としてベジテに向かうこととなる。








こんな内容でしたね。




ではその風の谷のナウシカの裏設定とはどんなことなのでしょうか?


色々と調べてみるとこんな面白い内容が見つかりました。


実はナウシカたちは人造人間だった!?説



旧人類たちは核戦争によって普通の人間では対応できない世界に変えてしまいました。
ではどうしたかというと、


腐海が大気を浄化するまで卵となり眠りにつくことにしたのです。



腐海が大気を浄化するまで数千年かかります。



その眠りを覚ますものとして人造人間(今のナウシカ達)を作ることにしたのですね。




ナウシカたちは旧人類によって作られてた人造人間だったという裏設定が存在してました。







非常に面白い設定ですね。
これに元づいてストーリーを見返してみると、
旧人類の考えは良き判断だったといえるが、



その事を知らないナウシカたちは不憫に感じてしまいますね。



そして巨神兵についても人工的に作られた神だという裏設定があるようです。


つまり、
一部の旧人類が人間を滅ぼし、世界を一度リセットするというもの。



こう考えると都合がいいですね。旧人類。



自分たちがしてきたことを一度なしにしてしまってたくさんの
人間たちが犠牲になっています。



もちろん何もしらないナウシカたちも犠牲者ですよ。。。





さらにさらに
風の谷のナウシカに登場した人物のその後はどうなったのでしょう。
原作コミックでは各登場人物のその後の姿が書かれています。




では一部ではありますが、公開しますね。



■ナウシカ


原作に出てくるドルクという国に所属し、活発に動き回ります。
ドルクの王様が成人になってようやく風の谷に帰郷します。


恋の行方ですが、アスベルとは結ばれずどうやら
森の人と呼ばれる種族の青年と一緒になったようです。



■クシャナ



最終的には王不在となったトルメキアで
代王として王国を復興させるようですね。




■ユパ


残念ながら原作の終盤において、
クシャナを守るために弁慶も真っ青の壮絶な死を遂げることになりました。





■アスベル



ナウシカと別れて以来、各地を点々と旅しています。
終盤ではナウシカとの再会を果たしましたが、恋は実らずドルクの娘と結ばれるようです。






はっきり言って原作と映画版ではテイストが違いすぎるので
映画版だけを見た方はしっくりこないかもしれません。




ですが、私はやっぱり映画派ですね。

12月27日金曜ロードショーは
「風の谷のナウシカ」で決まりです。



以上
風の谷のナウシカ 裏設定が存在した!? その後のストーリーとは??
でした。




スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
風の谷のナウシカ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。