So-net無料ブログ作成
検索選択
独身貴族 ブログトップ

独身貴族 最終回 ネタバレ 動画 感想 12月19日 [独身貴族]

スポンサーリンク






独身貴族 最終回 ネタバレ 感想 12月19日






独身貴族の最終回の展開予想ですが、
あらすじとしてはこう進展します。


完成した「8月のボレロ」の脚本を残して星野守(草彅剛)や星野進(伊藤英明)の前から姿を
消した春野ゆき(北川景子)からキネマ・エトワールに退職届けが届く。




川越裕太(藤ヶ谷太輔)や緒方須美子(蓮佛美沙子)らは驚くが、退職届けを受け取った守は、
ゆきの意思だから仕方がないと平然と言う。






同じ頃、現王園玲子(平岩紙)と対面した進は、玲子から星野家の長男の嫁に受け継がれる
ネックレスのありかを聞かれ、ゆきが持っていることを明かす。



一方、ゆきは青森の実家に帰っていた。
明るく振る舞う娘に、母親の春野さち(市毛良枝)は審判を募る。そこへ執事を伴い玲子がやってくる。





その頃、守は進から「8月のボレロ」のクランクインを目前にして主演の山下智久(山下智久)が
台詞にクレームをつけ、ゆきとの面会を求めていると報告を受ける。


うまく断れないのか、という守にすでに雰囲気が悪くなっていて断れそうにないと進は返す。

ゆきが自分からの電話に出ないことを知る守は、小原沙織(西原亜希)の携帯電話からゆきに
電話をする。



守は事情を話し、ゆきが書いた脚本なのだから山下と話すべきでは、と諭す。



東京に戻ったゆきを迎えたのは進だった。進は話があるというゆきを遮って、自分の話を聞いてくれ
という。




別れの日、ゆきは「8月のボレロ」の撮影が行われるスタジオに。
山下が来るまで待機してくれと言われたゆきは、守と2人きりになり、、、、



といった展開でストーリーは進んでいきますね。




ぼくの予想としてはハッピーエンドに終わる予感がしてます。
ということは



守とゆきの幸せは訪れるといった最後がいいですね。


木曜劇場 「独身貴族」第11話最終回は
2013年12月19日
22:00〜22:54


放送です。




ぜひお楽しみに☆






スポンサーリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
独身貴族 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。