So-net無料ブログ作成
ドクターX外科医大門未知子あらすじネタバレ視聴率 ブログトップ

ドクターX2 8話 ネタバレ あらすじ 視聴率 [ドクターX外科医大門未知子あらすじネタバレ視聴率]

スポンサーリンク






ドクターX2 第8話(最終回) ネタバレ あらすじ 視聴率




テレビドラマ「ドクターX2~外科医・大門未和子2第8話(最終回)ネタバレ あらすじ視聴率
報告です。



EX(テレビ朝日)系列 毎週木曜日 21:00~21:54


さあ2013年12月12日はドクターX~外科医・大門未和子2の第8話が放送されます。


その前に第7話のおさらいからまいりましょう


第7話では、、、、








蛭間外科統括部長(西田敏行)と馬淵内科統括部長(三田佳子)が互いに火花を
散らし、まさに外科、内科の頂上決戦が行われようとしていましたね。



そんな中、馬淵は蛭間への対抗馬として蛭間が金沢に左遷した
前主任教授の鷹野七起(浅野和之)に白羽の矢を立て呼び出しました。



その鷹野は蛭間への恨みをはらすべく次期主任教授選の立候補として
名乗りをあげるのでした。


蛭間は自分を裏切った近藤に見切りをつけて海老名を押すつもりでいたが、
馬淵が呼び出した鷹野は海老名の師匠にあたり海老名では勝負にならないと思い
近藤を推すことに。



このことから、近藤が海老名教授の代わりに、次期主任教授の本命に躍り出ることになる。




そして、鷹野は蛭間を追い落とす秘策として、論文の実践が可能なガン患者、
VIP患者厚労省医政局長の母親、浅井久恵(白川由美)を金沢から転院させた。





そんな中、未知子(米倉涼子)は食堂で浅井久恵と偶然会い、
話の中で久恵が治らないガンということを聞き、
久恵にオペをさせてくれと懇願する。


この、久恵こそが、鷹野が金沢から転院せたVIP患者だったんですねー。
結果、久恵のオペは未知子が執刀することになった。



しかし、未知子が久恵の病室に挨拶に行くと、久恵は鷹野にオペをしてもらいたい
と言い出す。オペは内科の鷹野に任すことになるのでした。


それに激怒した蛭間は外科から助手は一人も出すなと命令。



そして、オペの当日、鷹野の助手に未知子が自ら立ち会うのだった。
オペは順調に始まるが、鷹野が突然目眩をおこして倒れてオペ室はパニックになる。



蛭間の命で未知子がオペを再開することになるが、久恵の無念そうな顔から涙を見た
未知子はインオペ(手術の強制終了)を麻酔科に指示。


オペをしない未知子に蛭間は手術の続行を命じるが耳を貸さない。
そしてオペ室から出た未知子は鷹野のオペを始める。



未知子はいつものようにドクターxのスキルで手際よくオペを終了させる。
そんな未知子の前に蛭間が現れ、未知子に「クビだ!」と言って立ち去る。


その語鷹のは回復して久恵のオペの続きを行い成功させる。


フリーランスのドクターとして職を失った未知子に1本の電話が鳴る、、、、




といった内容でしたね。



長かったですね、ちょっと。





思い出しましたでしょうか??




それでは第8話のあらすじはこんな感じです。



■第8話あらすじ


帝都医大をクビになってしまった未知子は謎の依頼主からの要請で帝都医大・高松第24分院に派遣されることになる。そこは未知子のせいで地方勤務を余儀なくされた加地(勝村政信)が働く病院だ。




そして未知子は病院近くで少女と出会います。少女の病気は悪性の筋繊維芽細胞腫で、一度は
帝都大本院で引き受けたもののオペは不可能とされ再び生まれ故郷の高松に戻されてしまっていたのだった。



その頃本院では主任教授戦が本格的にスタート。
しかし蛭間部長に予想だにしない事態がおこります。

なんと娘の裕華子にメラノーマの転移ガンが発見されるのです。


その夜近藤が治せる医者を探していたところアメリカで成功を遂げた医療チームの中にあのドクターの名が、、、、、、、






こんなストーリー展開されます。


楽しみですね。








スポンサーリンク





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
ドクターX外科医大門未知子あらすじネタバレ視聴率 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。